暑い季節の痒み、虫刺されに効く。アレルギールジェル。

あせもや虫刺されのかゆみに、肌を保護するジェルタイプ。

アレルギールジェルは、夏におすすめなかゆみ止めの塗り薬です。塗ったときの使用感がひんやりクールで、透明なジェルタイプです。ジェルは被膜になるので、肌を保護してくれます。

虫刺されのかゆみや、あせものかゆみなどに効果的です。

 

allergiel-gel1

 

アレルギールジェルの成分と効果

アレルギールジェルには、7つの有効成分が配合されています。虫刺されのかゆみのほか、あせもやかぶれ、湿疹などに効果があります。

似た薬に、アレルギールクリームがあります。こちらと比較しながら、アレルギールジェルの特長を調べます。

 

アレルギールクリームとの比較

アレルギールジェルとアレルギールクリーム。どちらの製品も、第一三共ヘルスケアが販売しているシリーズです。

成分を表にまとめて、比べてみました。(100グラム中に含まれる成分量です。)

ジェル クリーム
プレドニゾロン酢酸エステル 0.125g 0.125g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 1g 1g
塩酸リドカイン 3g 3g
l-メントール 3g 0.5g
クロタミトン 5g
d-カンフル 0.5g
ベンゼトニウム塩化物 0.1g
クロルヘキシジン塩酸塩 0.2g
サリチル酸グリコール 2g
サリチル酸メチル 2g

アレルギールクリームの成分についてはこちらの記事を ⇒ 7成分のアレルギールクリーム!虫刺されのかゆみ・腫れを抑える。

 

アレルギールジェルにだけ含まれる成分が3つあるので、まずはそちらの作用を確認します。

 

クロタミトン

一時的に皮膚に熱感を与えて、かゆみの感覚を抑えます。

 

ベンゼトニウム塩化物

殺菌成分で、患部の細菌感染を防ぎます。

 

サリチル酸グリコール

炎症を抑える効果があります。

 

Understand2

 

アレルギールジェルとアレルギールクリーム、何が違う?

さて、表にして比べると、2つの製品はかなり似ているなという印象を持ちます。

  1. 薬の基本になる上の3つの成分、ステロイドと抗ヒスタミン薬、局所麻酔薬が完全に等しい
  2. l-メントールは、アレルギールジェルの方がかなり多いので、冷感も強いはず。
  3. かゆみ止めに、アレルギールジェルではクロタミトン、アレルギールクリームではd-カンフルを使っている。クロタミトンの方が効果は高いかも?
  4. 殺菌成分に、ベンゼトニウム塩化物とクロルヘキシジン塩酸塩を使い分けているが、あまり差はない?
  5. 抗炎症・鎮痛作用に、サリチル酸グリコールとサリチル酸メチルを使い分けているが、こちらもあまり差はない?

薬の基本的な効果は、だいたい同じレベルと思われます。アレルギールジェルの方が、ひんやりとした冷感が強く、かゆみを抑える感覚を得やすいかもしれません。

 

Ok

 

アレルギールジェルの使い方・使用上の注意

薬の添付文書から、正しい使い方使用上の注意を確認します。使用上の注意を守って、副作用を防ぎましょう。実際に使用するときは、ご自身でも添付文書を確認してください。

 

正しい使い方

  • 1日1回~数回、患部に塗る。
  • 目や口の周囲(粘膜)には、塗らない。目に入ったら、水やぬるま湯で洗い流す。

 

使用上の注意

  • 化膿している部位や、水ぼうそうや水虫などの部位には塗らない。
  • ステロイドの副作用を避けるため、長期に塗り続けない
  • 顔や首では、広い範囲に塗らない
  • 5~6日使っても症状が改善しなければ、使用を止めて医師の診察を受ける。

 

副作用の可能性がある症状

  • 皮膚に発疹・発赤、腫れ、かゆみ、かぶれ、乾燥感、熱感、ヒリヒリ感、刺激感がみられる。
  • 患部に水虫やたむしができる。(白癬菌による症状)
  • ニキビができたり、化膿したりする。
  • 刺激感がずっと続く。

アレルギールジェルを塗布したあとに、こういった症状があれば、副作用の可能性があります。塗るのを中止して、皮膚科を受診してください。

 

Store

 

アレルギールジェルの値段

アレルギールジェルについて、アマゾンと楽天市場で値段を調べました。

 

アマゾンでの価格

750円

アマゾンの現在価格アレルギールジェル

 

楽天市場の最安値

500円

楽天市場の現在価格アレルギールジェル

という結果でした。

関連記事