インパクトは圧倒的!虫刺されには、伝統のキンカン。

オンリーワンの刺激臭が、伝統の証し。

昔から、虫刺され薬として有名なキンカン。販売元の社名となっているほど、知名度の高いブランドを築いています。製品の箱も、見てすぐにわかる存在感です。

実際に塗ってみると、強烈なアンモニア臭に驚きます。最近では、使用感がもっと快適な虫刺され薬はたくさんありますが、このインパクトが「キンカン」を唯一無二のものにしています。

長年売れ続けている、根強い人気を誇る伝統の家庭薬です。

 

kinkan-1

 

キンカンの成分と効果

「キンカン」= 虫刺され、というイメージなのですが、別の効能もあります。公式の効能・効果は、「虫刺され、かゆみ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫」とあります。肩こりや腰痛などにも効くとされています。

 

なぜ効果があるのかというと、添付文書では、

「有効成分が複合的に作用して,すばやく患部の熱を奪い去り,局所刺激を与えることにより,かゆみや痛みの伝わりを抑制」

すると説明しています。

 

製品サイトでは、

「すばやく患部の熱を奪い去り、皮ふの知覚マヒや血行促進等により、鎮痛・鎮痒・消炎作用」

を示して効果を発揮する、と説明しています。

 

実際はどうなのか、成分をひとつずつ確認します。キンカンには5つの成分が含まれています。

 

アンモニア水

キンカンを特徴づける成分です。昔は、「アンモニア水はハチの毒を中和する」などと言われていました。「ハチに刺されたら、尿をかければいい。」などという民間療法的な話もありました。

しかしまじめに考えると、これは誤りです。虫刺されの患部に、アンモニア水を塗っても効果はなく、むしろかぶれなどのおそれがあります。ハチの毒を中和したり、ハチ毒のタンパク質を無効化する、といった効き目はありません。患部にダメージを与えて、細菌感染するかもしれません。

率直に言えば、おそらくアンモニア水にメリットはありません。昔から習慣的に使ってきて虫刺されに効いたので、現在もキンカンの成分に配合されていると思われます。理屈からいくと、アンモニア水に効果があるとは考えにくいです。

ただし、かなり皮膚を刺激するので、それによりかゆみや痛みを感じにくくなるのでしょう。公式な説明にある「局所刺激」や「皮ふの知覚マヒ」、「血行促進」などの効果はありそうです。

 

l-メントール

患部にスーッとする清涼感を与え、かゆみをやわらげます。

 

d-カンフル

患部の血行を良くする作用があり、かゆみや炎症を緩和します。患部に清涼感を与えます。

 

サリチル酸

皮膚の角質を軟化する効果があります。抗炎症作用鎮痛作用もあるとされています。ただ、虫刺されの炎症やかゆみといった症状を、どれだけ緩和するかはよくわかりません。

 

トウガラシチンキ

皮膚を刺激して、血流を改善します。それにより、塗った部位の筋肉痛や凍傷、しもやけなどの症状を緩和します。

 

キンカンの成分について、まとめます。

メントールカンフルは、他の虫刺され薬にも含まれており、肌に清涼感を与える成分として、ありです。サリチル酸は、昔から抗炎症作用や鎮痛作用が知られており、ありです。トウガラシチンキも、肌の血行促進という目的では、ありです。アンモニア水は、理屈としては謎ですが、「有効成分が複合的に作用」します。

伝統の家庭薬として、今まで愛用して効果を実感している方がいるので、それでいいのだ、と考えられます。

 

 

キンカンの使い方・使用上の注意

薬の添付文書と製品サイトで、正しい使い方や注意を確認しました。ポイントをいくつかあげます。実際に使用するときは、ご自身でも確認してください。

  • 1日数回(5~6回)、患部に塗る。乾かしては塗り、乾かしては塗り、をくり返す。
  • 目のまわりや粘膜に塗らない。目に入ってしまったら、水やぬるま湯で洗う。
  • かぶれているところや、傷があるところに塗らない。
  • ガーゼなどに浸して、患部にあててはいけない。(かぶれるおそれがある。)
  • 塗ったあとに、皮膚に発疹やかゆみ、かぶれなどがあらわれたら、副作用のおそれがあるので使用を止める。
  • 5~6日使っても症状が改善しなければ、使用を中止する。

 

 

キンカンの値段

家庭用の常備薬として、人気の高いキンカン。用量には15mL、55mL、120mLの3規格あります。アマゾンと楽天市場で、値段をチェックしました。

 

アマゾンでの価格

15mL 489円

55mL 646円

120mL 1099円

アマゾンの現在価格キンカン

 

楽天市場の最安値

15mL 376円

55mL 507円

120mL 861円

楽天市場の現在価格キンカン

となっていました。

関連記事