虫さされの痒みは、マキロンかゆみどめ液Pのピカチュウが止める。

かわいいピカチュウで、かゆみをスーッと飛ばす。

汗をかきやすい、暑い季節の虫さされには、ひんやりと冷感があるタイプのかゆみ止めが快適です。特に子どもは、虫に刺されたあと肌をかきこわしやすいので、早めにかゆみを抑えることが大切です。

マキロンかゆみどめ液Pは、ステロイドを含まない、スーッとする清涼感のある塗り薬です。ステロイドが気になる方や、子どもさんにも安心の、塗りやすい液体のかゆみ止めです。

 

makiron-kayumi-p1

 

マキロンかゆみどめ液Pの成分と効果

マキロンかゆみどめ液Pには、5つの成分が含まれています。

かゆみや炎症を抑える成分、肌の殺菌成分、使用感を良くする成分。となっています。ステロイドは入っていません。

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩

抗ヒスタミン薬の成分として、よく使われます。湿疹やかゆみ、アレルギー反応のもとになるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めます。虫刺されのかゆみには、すぐに効き始めます。

 

グリチルレチン酸

生薬の甘草由来の成分で、抗炎症作用があります。

 

イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用があり、患部が化膿するのを防ぎます。

 

l-メントール

患部に清涼感を与え、かゆみをやわらげます。スッとする成分です。

 

dl-カンフル

皮膚の血行を改善して、かゆみや炎症を緩和します。また、使用感を良くします。

 

全体としては、かゆみや炎症を抑え、患部の細菌感染を防ぎ、ひんやりと気持ちよく使えるようなかゆみ止めです。ステロイドは入っていないので、作用としては穏やかです。ひどい虫刺されには向きません。

 

もう少し効き目が強いかゆみ止めとしては、ステロイド成分を配合した「マキロンSかゆみどめ液」があります。ピカチュウつながりで、シールタイプのかゆみ止めなら「マキロンかゆみどめパッチP」です。(こちらはステロイド成分は不使用です。)

「マキロンSかゆみどめ液」についての記事は ⇒ 虫刺されの症状はクールに止める。マキロンSかゆみどめ液。

「マキロンかゆみどめパッチP」についての記事は ⇒ 虫刺されにピカチュウ。かきこわし予防に、マキロンかゆみどめパッチP。

 

 

マキロンかゆみどめ液Pの使い方・使用上の注意

薬の添付文書から、正しい使い方をまとめました。副作用を防ぐため、使用上の注意も守りましょう。実際に使用するときは、ご自身でも製品の説明を確認してください。

 

正しい使い方

  • 1日1回~数回、患部に塗る。
  • 目の周囲や粘膜に塗らない。目に入ったら、水やぬるま湯で洗い流す。
  • 傷がある部位には塗らない。
  • 湿潤やただれがひどいときは、使用前に医師や薬剤師に相談する。

makiron-kayumi-p2

 

使用上の注意

  • 塗ったあとに発疹ができたり、かゆみや腫れがひどくなったら、使用を止め、医師の診察を受ける。
  • 5~6日塗っても症状が良くならなければ、使用を中止して、医師の診察を受ける。
  • アルコールが含まれるので、しみる場合がある。

 

 

マキロンかゆみどめ液Pの値段

ステロイドが含まれておらず、軽い虫刺されには気持ちよく使えます。アマゾンと楽天市場で、値段をチェックしました。

 

アマゾンでの価格

512円

アマゾンの現在価格マキロンかゆみどめ液P

 

楽天市場の最安値

485円

楽天市場の現在価格マキロンかゆみどめ液P

となっていました。

関連記事