毒のある虫に刺されたら。ひどい腫れやかゆみにも対応、ムヒアルファEX。

毒などのひどい虫刺されには、ムヒアルファEX。

温暖化やグローバル化の影響で、危険な虫が身近なところでも出現する時代です。毒のあるムカデやクラゲ、蛾、クモ、ダニなど、刺されるとかなりのダメージな生物は多くいます。

普通のかゆみ止めでは抑えられない虫刺されなら、「ムヒアルファEX」で対抗しましょう。

 

muhi-aex1

 

ムヒアルファEXの成分と効果

「ムヒ」シリーズの中では効果が最強クラスの、ムヒアルファEX。毒虫による虫刺されなど、ひどい腫れやかゆみをターゲットにした塗り薬です。成分をひとつずつ確認します。

ムヒアルファEXの成分は6つです。腫れや炎症によく効くステロイド。かゆみを抑える成分。肌をスッとさせて、使用感を良くする成分。細菌感染を防ぐ殺菌成分。これらが配合されています。

 

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)

ステロイドの塗り薬です。炎症を抑える効果が高く、毒虫による腫れやかゆみも鎮めます。市販されている薬の成分としては、強めのステロイド剤です。

(PVAは、ステロイドの塗り薬の強さとしては、5段階で2番目に弱い部類に入ります。医師が処方する医療用医薬品では、もっと強いステロイドが多くあります。参考:日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインなど)

ステロイドの副作用を避けるために、使用上の注意を守りましょう。長い間の連用はせずに、2~3日塗ってみて、症状が改善すれば使用を続けます。使用期間は、顔では2週間、その他の部位でも4週間までにします。

 

ジフェンヒドラミン塩酸塩

抗ヒスタミン薬の成分として、よく使われています。かゆみや腫れ、アレルギー反応のもとになるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めます。刺されたあと塗れば、すぐに効き始めます。

 

l-メントール

患部に清涼感を与え、かゆみをやわらげます。スッとする成分です。

 

dl-カンフル

患部の血行を良くする作用があり、かゆみや炎症を緩和します。患部に清涼感を与えます。

 

クロタミトン

一時的に皮膚に熱感を与えて、かゆみを抑えます。穏やかな成分で、皮膚の掻きこわしを予防します。

 

イソプロピルメチルフェノール

殺菌作用があり、患部が細菌感染して化膿するのを防ぎます。

 

効果の高いPVAと、抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミン、かゆみを抑えるクロタミトンが配合されています。これらが、虫の毒によるひどい炎症やかゆみを抑えます。肌の使用感も良くなるような成分、細菌感染を防ぐ殺菌成分もあります。

 

 

ムヒアルファEXの使い方・使用上の注意

薬の説明書(添付文書)で、正しい使い方を確認します。ひどい虫刺されだけではなく、しっしんや皮膚炎などにも効果があります。

副作用を避けるための、使用上の注意もチェックします。実際に使用するときには、ご自分でも添付文書の内容を確認してください。

 

正しい使い方

  • 1日数回、患部に塗る。
  • 目安として、生後6カ月からは使用できる。
  • 目や口のまわりには塗らない。
  • 塗ったあと、患部をラップフィルムやガーゼで覆わない。(通気性が悪いと、刺激が強くなる。)
  • 塗った部分の皮膚が、一時的に白くなることがある。(毛細血管が収縮するため。)
  • 基本的には、妊娠中でも授乳中でも使える。
  • 患部だけに塗り、顔や首では広い範囲に塗らない。

 

使用上の注意

  • 化膿している部位、水ぼうそうや水虫などの部位、傷のある部位には使わない。
  • ステロイドの副作用を防ぐため、長期で使い続けない。顔には広く塗らない。(使用期間は、顔は2週間まで、その他の部位で4週間まで。)
  • 使用後に、かゆみや腫れがひどくなった。塗った部分が化膿したり、水虫やニキビができた。これらの場合は使用を中止する。
  • 5~6日使っても良くならなければ、皮膚科を受診する。

 

また、スズメバチやアシナガバチに刺された場合は、ムヒアルファEXでは症状が抑えられないことがあります。そのようなときは、医師の診察を受けてください。

特に、刺された直後に、吐き気や呼吸困難という症状があれば、アナフィラキシーショックの危険があります。すぐに救急車を呼ぶか、病院に行きましょう。

 

 

ムヒアルファEXの値段

夏にアウトドアの旅行をするなら、持っていくと安心のムヒアルファEX。アマゾンと楽天市場で、値段をチェックしました。

 

アマゾンでの価格

882円

アマゾンの現在価格ムヒアルファEX

 

楽天市場の最安値

653円

楽天市場の現在価格ムヒアルファEX

となっていました。

 

ほぼ同じ効果が期待できる、「液体ムヒアルファEX」もあります。液体タイプの方がお好みなら、「液体ムヒアルファEXの記事」も参考にして下さい。

 

関連記事