暑い夏。熱いかゆみにラナケイン冷感ジェル。虫刺されにも使えます。

乾燥肌や服のこすれ。虫刺されのかゆみにも。

暑い季節。汗をたくさんかいて、できてしまったあせものかゆみ。夏の夜、蚊に刺されて痛痒い。こんなかゆみには、塗ってすぐにヒンヤリとかゆみを抑える、「ラナケイン冷感ジェル」がおすすめです。

肌がカサカサと乾燥したためのかゆみ。服の線維と肌がこすれてのかゆみ。こんな症状にも、ラナケイン冷感ジェルは使えます。夏のかゆみ止めには、ジェルタイプで清涼感があるので適しています。

ステロイド成分は不使用なので、ステロイドが気になる方も安心です。

 

rcn-g1

 

ラナケイン冷感ジェルの成分と効果

ラナケイン冷感ジェルの有効成分は3つです。

ステロイドを含まないので、ひどい虫刺されの炎症などには効果が弱いです。ただ清涼感があるので、夏のあせもやかぶれ、軽い虫刺されには適した医薬品です。

 

ジフェンヒドラミン

抗ヒスタミン薬の成分として、よく使われています。湿疹やかゆみ、アレルギー反応のもとになるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めます。虫刺されのかゆみにも、すぐに効果があらわれます。

 

リドカイン

局所麻酔作用があり、かゆみが患部から周囲に伝わるのを抑えます。また、かゆみの感覚を鎮めます。

 

l-メントール

スーッとする、清涼感を出す成分です。

 

抗ヒスタミン成分と局所麻酔薬で、しっかりと肌のかゆみを抑えます。冷感を与えるl-メントールが、使用感を良くしています

 

 

ラナケイン冷感ジェルの使い方・使用上の注意

薬の添付文書から、正しい使い方使用上の注意を確認します。使い方と注意を守って、副作用を防ぎましょう。実際に使用するときは、ご自身でも添付文書をお読みください。

 

正しい使い方

  • 1日数回、患部に塗る。
  • 目に入ったら、水やぬるま湯で洗い流す。
  • 目の周囲や、粘膜には塗らない。
  • 患部を清潔にしてから塗る。
  • 他のぬり薬を患部に塗って、併用することは避ける。

 

使用上の注意

  • 5~6日使っても症状が改善しなければ、使用を止める。
  • 塗ったあとに皮膚に発疹ができたり、腫れやかゆみがひどくなったら、使用を止めて医師の診察を受ける。

 

Check1

 

ラナケインクリームと比べると?

ラナケイン冷感ジェルと同じシリーズのかゆみ止めの薬で、ラナケインクリームがあります。

どのように違うのか、成分を表にまとめて比べてみました。(100グラム中に含まれる成分量です。)

ラナケインクリーム 冷感ジェル
ジフェンヒドラミン 1g 1g
リドカイン 2g 2g
l-メントール 4g
イソプロピルメチルフェノール 0.1g
ビタミンE 0.3g

ラナケインクリームの成分についてはこちらの記事を ⇒ 虫刺されにも使える!乾燥肌のかゆみ止め、ラナケインクリーム。

 

ラナケインクリームとは、2成分が完全に一致しています。かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン、局所麻酔成分のリドカイン、どちらも等しくなっています。

 

異なるのは、ラナケイン冷感ジェルには、冷感を与えるl-メントールがたっぷり配合されていることです。暑い季節や、肌の熱感でかゆいときには、ラナケイン冷感ジェルがおすすめです。

一方、ラナケインクリームは、細菌感染を防ぐ殺菌成分や、肌の血行を改善する成分が入っています。肌の保護という面では、ラナケインクリームが適しています。

 

Shopping3

 

ラナケイン冷感ジェルの値段

ラナケイン冷感ジェルの値段について、アマゾンと楽天市場をチェックしました。

30グラムのチューブ入りなので、少量を使ったり、携帯する場合に便利です。

 

アマゾンでの価格

30グラム入り 712円

アマゾンの現在価格ラナケイン冷感ジェル

 

楽天市場の最安値

30グラム入り 674円

楽天市場の現在価格ラナケイン冷感ジェル

となっていました。

関連記事